進学塾の需要

今やフランチャイズ化され、日本全国無い地域がないと言っても過言ではない塾ですが、塾には進学塾や個別・集団指導、補習塾など様々な形態があります。
子ども数が減少傾向にあり、統合、廃校を余儀なくされる学校が増えている中、塾の存在は逆行して需要が伸びています。
教育を施すターゲットが地域単位の子供の集団ではなく、一個人であることもビジネスとして成り立っている要因の一つです。

今後塾が学校教育にとってかわる可能性については未知数ですが、今や無くてはならない存在であることは紛うことなき事実です。
学校での教育には限界があり、複数の学童・生徒を同時に教育することで能力の差が出るのは仕方のない事です。
それに対し、塾では個別指導により1人1人の理解力に沿った密度の濃い教育が可能なため、着実に学力が向上します。

進学塾の場合、目的の中学、高校、大学へ進学させる事を請け負うビジネスであるため、受講者の能力に合わせた独自のノウハウを持っています。
また目的が集団生活を営むことではなく、学力の向上に特化されるため、よりビジョンがクリアと言えるのです。
昔と異なり、費用もよりリーズナブルとなっているため、小学生高学年以上の殆どの生徒が塾に通っているのが現状です。
このサイトでは進学塾や個別指導などの塾の種類とその概要についてや、家庭教師との違いやメリットとデメリットについて言及します。
塾の有効性について考察の機会を提供できれば幸いです。


【Special Link】
進学塾の塾講師や家庭教師を専門とした求人サイトです・・・塾講師